どのくらいの費用が掛かるのか

年商が大きなカギを握る

確定申告を依頼した際は、人によって費用が変わります。
なぜかと言うと、年商が考慮されるからです。
例えば年商が500万円未満の個人事業主が確定申告を依頼する際は、70000円から80000円が相場になると覚えておきましょう。
年商が500万円以上1000万円未満なら、100000円ほどになります。
さらに年商が1000万円以上3000万円未満だとすると、相場は150000円前後です。

このように年商が高くなると、確定申告を任せる際の費用も高額になります。
しかし確定申告は年に1回ですし、頻繁にこのぐらいの出費が訪れるわけではありません。
自分の手間を省くことにも繋がるので、依頼することをおすすめします。
さっそく、信頼できる税理士を探しましょう。

ミスが起こらない

費用が掛かると聞くと、本当に税理士に確定申告を任せても良いのか悩む人が見られます。
しかし確定申告は非常に複雑で、素人が自分の力だけで行おうとすると、間違えるリスクがあります。
間違えたらもう1回最初からやり直さなければいけませんし、脱税したと疑われるかもしれません。
トラブルに繋がるので、最初から経験が豊富な税理士に任せることをおすすめします。

税理士なら金額を間違えませんし、何よりスムーズに終わります。
確定申告は、期限が決まっていることを忘れないでください。
期限内に終わらせる必要がありますが、他にもやるべき仕事があるので、なかなか確定申告ができないことが考えられます。
仕事に支障を与えないためにも、税理士を頼りましょう。